【レシピ】鶏ももの照り焼き丼|簡単!美味しい!ご飯が進む!

f:id:nana-korogari:20210406142127p:plain

材料も調味料も少なくて簡単に作れる、【鶏ももの照り焼き丼〜よかったらマヨネーズも添えて〜】のレシピを書いておこうかと思います。

 

写真下手すぎるけど、味は大丈夫です。

たぶん!知らんけど!(関西弁の信用ならない感じ出てる)

 

無駄に長い名前つけてますが、いたって普通の「鶏ももの照りマヨ丼」です。

カロリーが気になってマヨネーズはきついねん…と言う方は、お好みで自由にしてくださいという思いをこめて、「〜よかったらマヨネーズも添えて〜」くらいにしています。

 

珍しくもなんともレシピですが、「ご飯がすすむ〜〜〜〜っ」て感じの甘辛味。

 

料理を作るのも大変ですが、毎日のように献立を考えるのって究極にめんどくさいですよね。

材料も、味付けも、作るのも、とにかく簡単に済ませたい日はあるもの。(なんなら毎日そうやけども)

 

20210105112903

便利なスマホでレシピ調べても、材料やら調味料やら多いとスッと画面閉じるのは私だけじゃないはず

 

ちゃちゃっと作って美味しくいただきましょう!

 

【レシピ】鶏ももの照り焼き丼 〜よかったらマヨネーズも添えて〜

マヨネーズはなくても美味しいし、あったらやっぱりめっちゃ美味しいです。

のりがあると幸福度がさらにアップするかもしれません。

 

「鶏ももあるけど何作ろ〜」なんてときにどうぞ。

 

材料

だいたい1〜2人前

  • 鶏もも・・・・・1枚
  • (A)小麦粉・・・・適量(鶏もも全体にまぶせるくらい)
  • (A)塩こしょう・・少々
  • (B)しょうゆ・・・大さじ1
  • (B)砂糖・・・・・大さじ1
  • (B)酒・・・・・・大さじ1
  • (B)みりん・・・・大さじ1
  • 刻みのり(お好みで)
  • マヨネーズ(お好みで)

 

甘辛のバランスが、個人的には「甘6:辛4」くらいなんじゃないかなと思っています。

 

もし甘辛の甘めが好きじゃなくて、「甘4:辛6」がいいな〜ってなったら、砂糖とみりんを大さじ1/2にしてみてもよいのではないかと。(その表現気に入ったんか?)

 

作り方

  1. 鶏ももを一口サイズなり適当な大きさに切る
  2. (A)の塩こしょうと小麦粉をまぶす
  3. 油を引いて熱したフライパンに、鶏ももの皮目を下にして並べて焼く
  4. カリッと焼き目がついたら弱火にして反対も焼く(油がすんごいことになったら、キッチンペーパーで適当に拭き取ってね)
  5. 中まで火がとおったら(B)をからめる
  6. 丼にご飯と盛り付けて、お好みで刻みのりとマヨネーズをかけたら出来上がり

 

ご飯にタレをしっかりかけて食べてみてください。

鶏ももを先に食べ終わってしまっても、タレがかかってるだけでご飯モリモリ食べられます。

 

20210105112903

なんならタレだけでもご飯が食べられそうな気がしてくる

 

 おわりに

材料も調味料もそんなに多くないですし、分量も簡単に大さじ1ずつで覚えやすい!

 

「しょうゆは小さじ1、砂糖は大さじ1/2、コチュジャンが少々にガラムマサラが大さじ3で、さらにみりんとお酒は小さじ2、そこにお酢が大さじ1で味噌も適量」

 

とか分量がいろいろあると覚えられへんし、間違うリスク高くなるし、何よりめんどくさいときは絶対避けてしまうんですよね…(それよりその調味料でいったい何作るねん)

 

そんなこんなで、材料もあんまりなくて料理がめんどくさい日に作った「鶏の照りマヨ丼」がおいしかったので、載せてみました。

 

丼ものって、味噌汁と冷奴なんぞつけたらそれなりに見栄えのする晩ご飯になる気がしていいですね。

え、そんな気がするだけ?

 

 

工程が多いのも難しいのも嫌〜!

簡単でご飯が進むおかずを作りたい〜!

 

なんてときにぜひパパッと作ってみてください。

 

そいでは!